絖綛 N@i.jp  昨日:00029910
 今日:00020318
 総計:00420625
keywords
管理者専用
  Post   Add link   Control Panel 






























新しいトピック
最新:11/26 10:26


新しいコメント
最新:07/28 16:47






管理人へMAIL

プライバシーポリシー

XJR400R来たよ〜

本日、午前9時に到着です


 待望のYAMAHA XJR400Rが納車されました。

 カラーはダークパープリッシュブルーメタリック。他は黒(ガンメタ)があるのですが、やっぱりコッチの方がイメージカラーなんでしょう。Webページで見ると深い青という感じだったのですが、晴天下で見るともう少し鮮やかな青ですねぇ。

 先ずはタンクパッドを貼っておきましょう。燃料タンクの手前側は割と平ら。これなら3分割タイプにする必要はなかったですね。ちょっと真ん中からズレちゃったかな?まぁいいや。

 今回スキッドパッド(モリワキ製)も一緒に購入しました。これ本来の目的は競技中に転倒した際にエンジンへのダメージを防ぐものですが、我々一般バイカーは競技なんかしません。主に立ちコケ程度でエンジンに傷が付くのを防ぐのが目的になります。これでエンジン部は良いけどマフラー部はどうすりゃ良いかな?

 バッグ類を取り付けてみました。これで少々の買い物程度なら大丈夫だし、カメラを積んでツーリングにも出かけられるかな?


 さぁ先ずはガソリンを給油してから、感触を掴むため軽く走ってみましょう。大きな雲がどんどん流れて来て、ちょっと天気が不安なので今日は近場を流す程度にしましょう。
 走り出そうとして先ず気が付いた事。スロットルを開けてもエンジンがフケない!。プラグがかぶったかのように回転数が上がらずエンストしそうになりました。これはエンジンが電子制御になったためか、温度が低いときはスロットルレスポンスが非常に悪くなるのだそうです(バグじゃありません、仕様です ^^;)。充分に暖機運転するか、ゆっくりと暖機走行するようにしてくれとの事です。エンジンが充分に暖まれば問題なくなるのですが、ちと困った事に暖まりがあまりよろしくないようです。エンジン回転がスロットルに反応して上がるようになるまで暖機した後に走り出しても、1,000〜2,000RPMのあたりはレスポンスが鈍くてトルクも悲しい位に細い状態。交差点などで停止した後は、走りだす前にスロットルに反応してエンジン回転が上がる事を確認、少し回転が上がってからクラッチをミートさせるよう気を使ってやらないとエンストしそうになります。
 エンジン、排気音は静かなもので、シュンシュン、ヒュルヒュルと言った乾いた感じの音がします。慣らし運転の最初の100kmくらいは 6,000RPMくらいを上限にして走るよう言われたのですが、このエンジン 3,000RPM以下は殆ど実用になりません。ちとトルク細すぎ。実用回転域は 5,000RPMあたりからって感じなのですが、今は 6,000RPMがリミットなので使える回転域が殆ど無いです。あ〜ストレス溜まるぅ(^^;)。
 しかし走行安定性が高いためか速度感をあまり感じません。エンジン回転数を上げていないのに、気が付くとソコソコ高い速度が出ていたりします。また走行安定性が高いと言っても「立ち」が強いわけでもなく、コーナリング性能は素直で扱いやすいです。
 ブレーキの感触は多少頼りないですね。ダイレクト感が足りなくて制動力も少し弱い気がします。しかしこれはブレーキパッドとディスクがまだ馴染んでなく、しっかり密着していないためかもしれません。

 と言うことで本日の走行距離 75km。明日はもう少し距離を伸ばしたいと思っているのだけど天気がなぁ〜


< 過去の記事 [ 4月の 全てのカテゴリ リスト ] 新しい記事 >

2007 calendar
4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930


掲示板
最新:08/15 17:19


GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.