絖綛 N@i.jp  昨日:00027922
 今日:00000293
 総計:00490414
keywords
管理者専用
  Post   Add link   Control Panel 






























新しいトピック
最新:11/26 10:26


新しいコメント
最新:07/28 16:47






管理人へMAIL

プライバシーポリシー

熊野古道ツーリング(その10)

桜地蔵〜馬越公園、そして宿へ


 桜地蔵を過ぎると道も大分楽になってくる。こちら側にも小川に架けられた一枚岩の橋がある。昔の石工の技術の高さが伺える。

 馬越公園に到着。熊野古道と呼べるような道はここで終り。
 この公園にはトイレもあるし、お団子などが食べられる茶屋もある。残念ながら満席だったので休憩ナシで通り過ぎた。

 この後は民家の中の舗装された道を下って行くことになる。途中、こんな歌碑があったが、馬越でなく馬古世とは古い言い回しなのか?

 さすがにこの辺りともなれば近年になって造られた地蔵が並ぶ。
 さらに民家の中の道を下って行くと尾鷲市内に出る。市内に出ると北川橋や尾鷲神社が現れるが、さすがに疲れ切っており尾鷲神社などに寄るのはパスして、JR尾鷲駅を目指す。実は、ここで尾鷲神社をパスしたのが大正解。バイクの所へ戻るのにJR紀伊本線で尾鷲駅から相賀駅へ行こうと言うのだが、このJR紀伊本線というのは単線、ディーゼル車両の1両編成、しかも2時間に1本という典型的なローカル路線なのだった。にもかかわらず尾鷲駅に着いたら丁度相賀駅方面への汽車が出発しようとするところ。全く待ち時間ナシで乗れてしまった。その上、座席もガラガラで楽々座れてしまうという有り様。宿泊場所以外は全くの無計画だったのに、この順調ぶりは何なんだろう。

 尾鷲駅から相賀駅までは ¥160、僅か10分ほど。相賀駅から国道42号線沿いを歩いて、バイクを停めておいた道の駅・海山に到着。時刻は 2:32pm。3時間半というトコだね。
 ところで、ワタシは昼飯を食べていない。と言うのも満腹で峠越えなどしようものなら腹痛を起すのがオチだと思ったからだ。帰って来てから遅めのお昼ご飯を食べりゃいいや、と思っていたら今度は疲労で胃が食べ物を受け付けそうにない(^^;)。仕方ないので、このまま宿を目指すことにした。
 途中ガソリンを給油。走行 359.3km で 14.8L給油。燃費は 24.2km/L。慣らし中で、まだ7千回転を上限にしているし、長距離走行という事もあって上々な燃費なのではないかな。
 宿には午後3時少し過ぎに到着。

 これが今夜の宿泊場所。ま、フツ〜の民宿である。

 部屋からの眺め。漁港がすぐソコなんだ。

 汗まみれなので、とにかく風呂だ。残念ながら温泉ではない。この辺りは温泉も豊富に湧き出ている筈なので、宿によっては天然温泉に入れるところもある筈。しかし、そのような宿はこの時期殆ど満室なのだから仕方ない。
 風呂から出たら缶ビールを飲んで夕食までゴロンと横になる。何だか足の筋肉が妙に熱をもって、暑くって仕方ないなぁ。明日まで体力持つかしらん???

<続く>


< 過去の記事 [ 5月の 全てのカテゴリ リスト ] 新しい記事 >

2007 calendar
5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031


掲示板
最新:08/15 17:19


GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.