絖綛 N@i.jp  昨日:00037480
 今日:00013364
 総計:00990155
keywords
管理者専用
  Post   Add link   Control Panel 































新しいトピック
最新:07/22 20:27


新しいコメント
最新:07/28 16:47






管理人へMAIL

プライバシーポリシー

ReadyNAS RN10200が不調に(3)

工場出荷状態に初期化


 ReadyNAS RN10200がスクラブ中のままになり、スクラブを止めようとしてもエラーコード「14007010000」が出る状態になってしまったため、遂に工場出荷状態への初期化を行うことにしました。

 先ず全てのデータをバックアップし、RN10200の設定情報もバックアップします。

 工場出荷状態に初期化する方法には、背面のリセットボタンを押しながら電源を入れ、起動モード選択で工場出荷状態への初期化を選ぶ方法もありますが、FrontViewから行う方法もあり、今回はこちらの方法で行いました。

 このボタンをクリックすると、

確認ダイアログが表示されます。ここに"FACTORY"と入力すると工場出荷状態への初期化が行われます。

 工場出荷状態に初期化されると、HDDがフォーマットされRAIDの構築が始まりました。RAIDの構築には5時間ほどかかるとのことですが、構築している間でもファイルの読み書きはできます。ただし、性能はかなり遅くなりますけど。
 5時間も待っていられないのでRAID構築の間にバックアップからRN10200へ書き戻しを行いました。バックアップしておいた設定も復元させました。結局バックアップの書き戻しには8時間ほどかかりました。

 バックアップからの書き戻し、RAID構築が完了した後、スクラブを行わせてみました。スクラブ中は以下のようなプロセスが走るようです。

root      2213     1  8 07:43 ?        00:00:15 btrfs scrub start /data
root      2217     2  1 07:43 ?        00:00:01 [btrfs-scrub-1]
root      2218     2  0 07:43 ?        00:00:00 [btrfs-scrubwrc-]
root      2219     2  0 07:43 ?        00:00:00 [btrfs-scrubnc-1]
root      2220     2  1 07:43 ?        00:00:02 [btrfs-scrub-2]
root      2221     2  1 07:43 ?        00:00:03 [btrfs-scrub-3]

 スクラブが終了すると上記のプロセスはいなくなるのですが、何らかの問題が起きてスクラブ処理が中断、プロセスが終了してしまうと、FrontView上にスクラブ中の表示が出っ放しになってしまうように思われます。上記のプロセスがいない場合、実際にはスクラブしていないので、FrontViewの表示さえ気にしなければ放置しておいても構わないのかもしれません。しかし、ボリュームのエラーだと言っているのを放置したまま使い続けるわけにはいきませんよね。

 今回はスクラブは完了した(プロセスがいなくなった)ものの、FrontViewの表示は3%ほどで止まったままでした。しかし、停止(青●に×)ボタンをクリックしたら、あっさりとスクラブ中の表示が消えましたから、まぁ良しとしましょう。

 これで、ボリュームエラーと、いつまでもスクラブ中の表示という症状は解消されました。しかし、まだ何となく動作が不安定です。FrontViewを操作していたり、再起動、シャトダウンさせようとするとハングしたり、強制再起動させた後に設定がおかしくなったりします。何なんだろう・・・


< 過去の記事 [ 6月の 全てのカテゴリ リスト ] 新しい記事 >

2014 calendar
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930


掲示板
最新:08/15 17:19


GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.