絖綛 N@i.jp  昨日:00037480
 今日:00011485
 総計:00988276
keywords
管理者専用
  Post   Add link   Control Panel 































新しいトピック
最新:07/22 20:27


新しいコメント
最新:07/28 16:47






管理人へMAIL

プライバシーポリシー

Belkin WeMo(3)

セットアップの続きです


 良く分かりませんが、どうやらWeMoは自宅のWi-Fiルーターに接続したようなので、iPhoneを元のWi-Fi接続に戻し、もう一度WeMoアプリを起動させました。
 今度はWeMoアプリはデバイスを検索し始めましたが、なかなか見つけてくれません。画面左上の丸矢印を何度もタップして探しては見つからないを繰り返しました。この時は、おかしいなぁ?何か間違った事したかなぁ?とWeMoアプリを起動しなおしたりしていました。どうやらWeMoがWi-Fi接続するのには少々時間がかかる様子で、色々やっているうちに、

やっとWeMoが認識されて、こんな画面になったと思いました。(ちょっと焦ってスナップショットを取ってなかったので、これは実際の画面ではなく作成した画です。)これでWeMoの電源オン/オフができるようになったのですが、もう少し設定を行います。
 先ずスイッチの名前を変更するには右上の「編集」ボタンをタップします。すると電源ボタンのアイコンが消えて

編集するWeMoを選択する画面になります。今はWemoが1台しかありませんから、そのWeMoをタップすると「編集」画面に切り替わります。

ここで WeMoの名前や画像を変更できます。今回は RN10200の電源スイッチにするので、RN10200 Switchという名前にしました。右上の「保存」をタップすると、設定が保存されて最初の画面に戻ります。

 次は右下の「詳細」をタップします。

 詳細設定画面ではリモートアクセスを有効にします。これを有効にすることで、自宅LANの外からでもWeMoにアクセスして電源をオン/オフすることができるようになります。因に WeMoの名前を変更したら、一旦リモートアクセスを無効にして再度有効にしなおす必要があるようです。

 次は「設定&バージョン情報」をタップしてファームウェアのバージョンを確認します。ファームウェアのアップデータが出ていると自動的にアップデートが始まるかもしれません。ワタシの場合は、WeMoアプリがWeMoデバイスを見つけた時点で自動的にアップデートが始まりました。

 調べてみたら、以前WeMoには複数の脆弱性が存在していたそうで、ファームウェアを改竄されたり、WeMoを経由してLAN内に侵入したり、電源を勝手に操作されたりできる危険性があったとのことです。それにしても、ファームウェアのアップデートすると一瞬電源がオフになるって、NASの電源制御としては困った仕様だなぁ。アップデート前にはNASをシャットダウンしなければならないのですね。

 ファームウェアのアップデートが完了した後、バージョンを確認したところ、

これはバージョン4494ということですか?ファームウェア3949以降であれば脆弱性は修正されているとのことなので、必ず最新版のファームウェアにアップデートしておきましょう。

 設定が終り、電源ボタンのアイコンをタップするとカチン・カチンと音がして電源をオン/オフできることが確認できましたので、RN10200をWeMoに繋いで、

電源オン!今回もRN10200のFrontViewがおかしくなってAC電源を引っこ抜いて強制シャットダウンさせていたので、WeMoで電源が入ったら自動的に起動しました。これで、また強制シャットダウンが必要な状態になっても、リモートで電源を落とし、再起動させることができるようになりました。


 ところで問題のRN10200ですが、まだジタバタやってます。結局、以下のようにすることで何とか使えていると言った状態です。

  • RN10200と裸族の集合住宅5bayはeSATA接続させる
  • 裸族の集合住宅5bayには、2台以上のHDDを搭載してRAIDを構成する
     HDD 1台だけのJBOD構成では、再起動後に100%「使われていないボリュームなので取り除け」と言うことになってしまう。RAIDを構築すると、再起動後にRAID再構築することになってしまうがボリュームを取り除くとか破棄するといった事態にはならないようだ。
  • S.M.A.R.T.に(不良セクタを代替した等の)異常のあるHDDは使用しない
     RAID構築時にI/Oエラーが発生したり、エラーの増加を検出すると、その時点でRAID構築が止まってしまいハング状態になるようだ。
  • 再起動、シャットダウンは極力行わず、基本的に24時間運転
  • デフラグやスクラブなどは行わない
     これらを実行すると何かとトラブルが起きるようだ。裸族の集合住宅のボリュームに対しては絶対に行わない。

 しかし、新ファームウェアが出たりしたら再起動せざるを得ないでしょうし、UPSに繋いでいるとは言え長時間停電したら電源が落ちることもあり得ます。その度にRAID再構築していたらHDDに多大な負荷がかかり、ダメージを受けてしまうかもしれません。何とかならんもんかなぁ。


< 過去の記事 [ 6月の 全てのカテゴリ リスト ] 新しい記事 >

2014 calendar
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930


掲示板
最新:08/15 17:19


GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.