絖綛 N@i.jp  昨日:00008921
 今日:00008086
 総計:00380997
keywords
管理者専用
  Post   Add link   Control Panel 






























新しいトピック
最新:12/05 09:42


新しいコメント
最新:06/28 21:33






管理人へMAIL

プライバシーポリシー

macOS Sierraを非サポート機種にインストール・macOS Sierra Patcher Tool Ver.4.1.7

参照:macOS Sierra Patcher Tool for Unsupported Macs


Safeブートできるようになったよ


 macOS Sierra Patcher Tool Ver.4.1.7 が出ています。修正内容にはSafeブートできない不具合修正が含まれていたので、ワタシの Mac Pro Early 2008 で試してみたところ、無事にSafeブートできるようになりました。
 パッチの適用手順は、

  1. Yosemite以降のMac OS X(Sierraでも可)で macOS Sierra Patcher Tool を起動
  2. USBメモリに macOS Sierra インストーラを作成
    以前作成した macOS Sierra インストーラUSBメモリをそのまま使用するのであれば、USBメモリを初期化する必要はありません。
  3. Mac起動時にOptionキーを押下、ブートデバイスに作成したUSBメモリを選択
  4. ユーティリティメニューから「macOS Post Install...」を選択
    既に Sierraはインストール済みなので、ディスクを初期化したり Sierraをインストールする必要はありません。
  5. macOS Post Installでパッチを適用する
    「Recovery Partition Patch」にはチェックが入っていない状態でしたが、このパッチは適用しておいた方が良いんじゃないかな。「Volume Control Patch」が Ver.4.1.7 で追加された iMac 8,1 での音量コントロールに関するパッチかな。
  6. 再起動

という具合になります。

 しかし、いちいちインストールUSBメモリを作り直したり、USBメモリからブートさせるのも面倒ですね。macOS Sierra にパッチを適用する「macOS Post Install」プログラムは、macOS Sierra Patcher Tool.app の中にある

これのようです。もしも他にYosemite以降の起動ドライブがあるのであれば、それで起動させてから「macOS Post Install」を実行することでパッチを適用できるかもしれません。ワタシは Sierra が壊れると面倒なので試していませんが、勇気のある方はチャレンジしてみては(^^;)。


< 過去の記事 [ 10月の 全てのカテゴリ リスト ] 新しい記事 >

2016 calendar
10月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031


掲示板
最新:08/15 17:19


GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.