N@i.jp  昨日:0895
 今日:1088
 総計:01222430
keywords
管理者専用
  Post   Add link   Control Panel 






























新しいトピック
最新:08/16 17:47


新しいコメント
最新:07/17 20:49





WindowMizerが正常に動作しなくなった際の復旧方法

参照:WindowMizer


WindowMizerを最新版にしたところ、動作しなくなってしまった


 WindowMizerは以前にも書いたとおり、今は無くなってしまったウィンドウシェード機能をmacOSで実現するユーティリティだ。Sierraでも今まで問題なく動作していたが、最新版でない事に気付きアップデートしたところ、正常に動作しなくなってしまった。その復旧方法を備忘録として書いておく。

 発生した症状(不具合)は、

  • WindowMizerを起動すると、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」の「アクセシビリティ」へのアクセスを求めている、システム環境設定を開くか?拒否するか?と言ったダイアログが出る。
  • しかし、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」の「プライバシー」→「アクセシビリティ」タブを開くと、既にWindowMizerは登録されており、チェックが付いている(コンピュータ制御を許可する)状態になっている。
  • このチェックボックスをオン/オフに切り替えたり、一覧からWindowMizerを削除することもできない。
  • 結果、コンピュータ制御が許可されているように見えながら、WindowMizerが正常動作しない。

というもの。この不具合は、Ver.4.3などの古いバージョンからVer.4.4.xにアップデートすると発生するらしい。その復旧方法は、

  1. WindowMizerを手動でアンインストール
  2. WindowMizerの最新版(現時点ではVer.4.4.2)をインストールして起動
  3. 購入時に送られてきたアクティベーションコードを入力

1. WindowMizerを手動でアンインストール

 WindowMizerにはアンインストーラは付属していない。アンインストールの手順は、Uninstalling WindowMizer - RGB World Forumsに記載されているが、英語なので以下にざっと手順を書いておく。

  1. WindowMizerを終了させて、WindowMizerアプリケーションをゴミ箱に捨てる。
  2. システム環境設定の「ユーザとグループ」→「ログイン項目」からWindowMizerを削除する。
  3. システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」→「プライバシー」タブの「アクセシビリティ」からWindowMizerを削除する。もし削除できないようなら(今回の症状)、後述の「強制的にプライバシーパネルから削除する方法」で削除する。
  4. "/Users/ユーザ名/Library/Application Support" から "WindowMizer" フォルダを削除する。
    "/Users/ユーザ名/Library" フォルダをFinderで開くには、
    • FinderでOptionキーを押下したまま「移動」メニューをクリックし、「ライブラリ」を選択
    • または、Finderの「移動」メニューの「フォルダへ移動...」を選択し、「~/Library」と入力
    その後、"Application Support" フォルダを開き、"WindowMizer" フォルダをゴミ箱に捨てる。
  5. 同様に、"/Users/ユーザ名/Library/Application Scripts" 配下の "com.rgbworld.windowmizer" フォルダをゴミ箱に捨てる。
  6. "Users/ユーザ名/Library/Preferences" 配下の "com.rgbworld.WindowMizer.plist" ファイルをゴミ箱に捨てる。
  7. ゴミ箱を空にして再起動

強制的にプライバシーパネルから削除する方法
"WindowMizerAccessibilityPatch.app" を
viewtopic.php?f=5&t=26
からダウンロードして実行する。これは、ターミナルで以下を実行するのと同じとのこと。

sudo sqlite3 /Library/Application Support/com.apple.TCC/Tcc.db 'delete from access where client = "com.rgbworld.windowmizer"'
 更にmacOS 10.12 Sierraの場合には、"WindowMizerAccessibilityPatch.app" の実行前に、SIP (System Integrity Protection)機能を無効化しておく必要がある。方法は
viewtopic.php?f=5&t=26&start=20#p824
を参照。

2. WindowMizerの最新版(現時点ではVer.4.4.2)をインストールして起動

  1. RGB World の WindowsMizerから最新版をダウンロード
  2. WindowsMizer をアプリケーションフォルダにコピー
  3. WindowsMizer をダブルクリックして起動

3. 購入時に送られてきたアクティベーションコードを入力

 アンインストールしたことで、以前にアクティベートした情報も無くなっている。そのため、以前購入時に送られてきたアクティベーションコードを入力してアクティベートする。


< 過去の記事 [ 7月の 全てのカテゴリ リスト ] 新しい記事 >

2017 calendar
7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031


掲示板
最新:08/15 17:19



管理人へMAIL

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.