N@i.jp  昨日:2893
 今日:2913
 総計:01434803
keywords
管理者専用
  Post   Add link   Control Panel 






























新しいトピック
最新:07/20 18:08


新しいコメント
最新:06/04 19:41





JBL FLIP3 Bluetoothスピーカー ブラック JBLFLIP3BLK(2)

購入して1週間以上経ったので、音質などについての感想などを


1. 音質について

 JBL FLIP3が届きましたので、早速 Anker SoundCore 2 の代わって使い始めました。置き場所は Anker SoundCore 2 と同じく、Apple Cinema Displayの足元。丸い筒型の形状なのにコロコロ転がって不安定になることもなく、きちんとスピーカーが自分の方を向くように斜め上を向いた位置に落ち着くというのも、細かい所まで考えて作られている証拠かもしれません。

 Bluetoothのペアリングを済ませ、音出しした一発目で、もう Anker SoundeCore 2 とはレベルが違う音だと言う事が分かりました。中高音域の延びや明瞭さは明らかに別次元。こもったような感じがないヌケの良い音です。反対に低音域はまだエージングが不十分な事もあってか、少し物足りなさを感じます。しかし、無理やり増強しているような感じが無い自然な低音と言った印象で、音量を上げていけば段々と低音も出るようになってきます。対して Anker SoundeCore 2 の低音は無理やりに増強した感じで、何だか不自然だし音の輪郭がボケているような印象を持つ低音です。

 また、音源ソースの質についてもハッキリと分かる性能を持っており、Amazon Echo Dotに接続してPrime Music(MP3音源)を鳴らした場合より、iPhone、Mac(AAC音源)に接続した場合の方が明らかに音が良くなります。特にMacに接続した場合は、本当にBluetooth接続の小型スピーカーかと思うような低音から高音まで良く延びた音を鳴らしてくれました。Anker SoundeCore 2 では、有線で接続したときに若干高音の延びが良くなるかなぁ程度で、ここまでの差は感じられませんでした。
 ちなみに JBL FLIP3 が対応しているコーデック(デジタル圧縮方式)は Anker SoundeCore 2 と同じく SBC(SubBand Codec)のみ。SBCコーデックは全ての Bluetooth接続のオーディオ装置が装備していなければならないコーデックで、高圧縮率だけど、音質的にはとても褒められたもんじゃありません。しかし、スピーカーの性能が良ければSBCコーデックでも結構良い音で鳴るものなんですね。

 まだ使用開始から日が浅くエージングも不十分ですが、正直ここまでの差があるとは。さすがJBLと言ったところでしょうか。とはいえ、音は明瞭になったものの所詮小型スピーカーですので、その場で鳴っている感は致し方なく、音の奥行き感や音場表現を求めるのは無理というものです。しかし、これもJBL FLIP3 が2台あればステレオスピーカーとして使用できるそうなのですが、それには専用アプリを使う必要があるため、Echo Dotの外部スピーカーとして2台のJBL FLIP3を接続することはできないのは残念です。

2. バッテリーの持ちについて

 フル充電状態から音楽再生した際のバッテリーの持続時間(連続再生時間)については、Anker Sound Core 2 の圧勝です。バッテリーについてのスペックは以下のとおり。

充電時間連続再生時間
Anker SoundCore 2約2.5時間24時間
JBL FLIP3約3.5時間10時間

 特筆すべきは、Anker SoundCore 2のバッテリーの制御技術でしょう。ついうっかりペアリング解除後に電源を切り忘れたことがあったのですが、Anker SoundCore 2は翌日(ほぼ丸一日。その間音は鳴らしていない)経っても、バッテリー残量があまり減ってなく、ペアリングさせると平気で音楽を鳴らしていました。それに対し、JBL FLIP3でも同じようにペアリング解除後に電源を切り忘れていたところ、20時間ほど経った頃に電源を切るときの音が突然鳴って自動的に電源が落ちました。その後は電源ボタンを押して起動させても、すぐに電源が切れると言った状態で、USB接続してある程度充電してやっと使える状態に戻りました。

 この件で、Ankerはバッテリーとその制御技術については抜きん出ていることが分かります。Anker SoundCore 2 は無音状態だとかなりバッテリーの消費電力を絞れるようですが、JBLはそこまで積極的なバッテリ制御は行われていないようです。この辺はモバイルバッテリーで培った技術を有している Anker はサスガと言ったところです。

3. マイク感度

 JBL FLIP3 もスマートフォンと接続してハンズフリー通話ができるようマイクを内蔵していますが、マイク感度はあまり高くなく、Anker SoundCore 2 と比べても劣っている感じです。実際にハンズフリー通話したわけではありませんが、Amazon Echo Dot と接続した状態で、音楽を鳴らしつつ JBL FLIP3 に向かって話しかけても Echo Dot は無反応な事が多いです。これは、そこそこの音量で音楽を鳴らしていることもありますが、それにしてもかなり大きな声で話しかけないと声を拾ってくれません。これだけ大きな声を出していたら、離れた所にある Echo Dot の方で声を拾っている可能性もあります。

4. 操作性

 これについても Anker SoundCore2 の方が優秀です。JBL FLIP3は丸い筒型形状が災いして、操作ボタンが全て背面になってしまうのに対し、Anker SoundCore 2は四角い形状のため操作ボタンは全て上側に配置されています。そのため、ボタンへのアクセスのしやすさは圧倒的に Anker SoundCore 2 の方が上です。
 ただ、一旦電源を入れて音量を設定してしまうとその後のボタン操作は殆ど必要ないため、単に音楽再生用の外部スピーカーとして使用する分にはあまり違いは無いかもしれません。ただ、iPhoneなどのスマートフォンでハンズフリー通話するためのスピーカーとして使用する場合には、着信があったときスムーズに操作できるという事が重要ですので、この目的で使用する限り背面に操作ボタンがある JBL FLIP3 はお勧めできません。マイクの感度も Anker SoundCore2 の方が良いようですしね。

5. まとめ

 Bluetoothスピーカーに手軽で高音質な音楽再生機能を求めるのであれば、少々高くなっても JBL FLIP3 の方を勧めます。実際、長時間聴いていても疲れないのは JBL FLIP3 の方で、Anker SoundCore 2 で長時間音楽を聴くのはちょっと辛いです。
 音楽再生時の音質はそこそこでも良く、iPhoneなどの外部スピーカーだけでなくハンズフリー通話用の装置としても使用したいと考えているには、コスパが良い Anker SoundCore 2 はお勧めです。


< 過去の記事 [ 7月の 全てのカテゴリ リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031


掲示板
最新:08/15 17:19



管理人へMAIL

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.