N@i.jp  昨日:5752
 今日:3217
 総計:00331762
keywords
管理者専用
  Post   Add link   Control Panel 






























新しいトピック
最新:11/17 11:48


新しいコメント
最新:06/04 19:41






管理人へMAIL

プライバシーポリシー

iPhone 8にハマグリ現象が!

ホントはSoftBankからY!mobileに移行した話を書こうと思っていたのだけど・・・


 早いもので iPhone 8に移行してから2年が経ち、先日発表された iPhone 11にはイマイチ触手が動かないことや通信料を節約したいこともあって、Y!mobile に移行した!という話をネタにしようと思ったのだが・・・

 実際、MNPで Y!mobile への移行手続きをしたのである。Y!mobile を選択した理由は、SoftBank からの移行であればMNP手数料(¥3,000)や Y!mobile契約時の事務手数料が一切無料なうえ、通常は月額1,000円の割引き(通称ワンキュッパ割)は契約後1年間のところ2年間になり、加えて 5,000円が通信料から割引きされる(1,000円×12ヵ月+5,000円=17,000円割引き)が魅力的だったことがある。それに Y!mobile は SoftBank のサブキャリアであることもあり MVNOの中では混雑時の通信速度低下が少ないという評判だったからだ。
 最も安いプランにすれば、月々の支払額を現在より5,000円も節約できる(ギガの不足対策はモバイルルーター Aterm MP01Lを併用)。これで来月から格安SIM!浮いたお金で〜なんて生活になる筈だったのだ。

 Y!mobile から SIMが届いて回線切り替えの手続きをして、さてこれでSIMを刺し替えれば・・・と思って iPhone 8 をケースから取りだしたところ、

iPhone 8 は焼きハマグリになっていた(;_;)。バッテリーが膨張して液晶パネルを押し上げ、左側がケースから外れてしまっている状態だ。確かにバッテリー性能は落ち始めていたが、まだ新品の95%程度とのことだった。まさか、こんなに膨張していたとは。手帳型ケースに入れていたから全然気が付かなかったよ。

 こんな状態になったリチウムイオンバッテリーは非常に危険だ。ヘタすれば発火する可能性もある。早急にバッテリー交換なり、買い替えなりの手を打たなければならない。どうしよう・・・取り合えずバックアップを取った後に電源を切りSIMを抜いた。
 考えられる手段は3つ。

  • バッテリーの交換を依頼する
     Appleサービス、Appleストアや正規の修理業者でバッテリーを交換してもらう。iPhone 8のバッテリー交換料は 5,400円だ。ただ自分のような、近所に正規の修理業者もない田舎ではAppleサービスのピックアップ&デリバリーで依頼する方法の一択となる。この場合は、一週間〜10日ほど iPhone が使えない状態になる。
  • iPhone 8 を下取りに出して、新しい iPhone を購入
     全く異常のない iPhone 8 であれば、まぁまぁの額で下取りしてもらえるので、iPhone 11 や旧型の iPhone XR であれば結構お買い得感は高い。しかし、バッテリー膨張の不具合がある iPhone では下取り額は期待できない。
     それに出費を抑えたいからMVNOに移行するのに、ここでン万円出して買い替えたのでは本末転倒だ。
  • 自力でバッテリーを交換する
     交換用の(純正 or 互換)バッテリーは、結構安く(¥2K弱〜3K前後で)購入できる。しかし iPhone 5S のバッテリー交換を自分でやった経験から言えば、ハッキリ言って老眼にはキツイ。たぶん、やってやれない事はないだろうが、完全に文鎮化するリスクもある。新しい iPhone に買い替えた後に、できるだけコストをかけずにお古の iPhone を使い続けるならやっても良いが、この後暫くメインとして使い続ける iPhone で行うにはリスキーだ。

 あまり考えている時間もないので、最安全策と思われる一番最初の手段を採ることにした。Appleホームページからバッテリー交換依頼の手続きをしたところ、明日の夕刻には業者がピックアップに来ることになった。暫くの間 iPhone ナシの生活にはなるが、モバイルルーターと嫁さんから奪ったお古の iPhone 5S(SIMナシ)で凌ぐことにしよう。
 ただ、その後ちょこちょこネット検索したところ、バッテリー膨張の場合は購入2年以内であれば無償で本体交換、2年を過ぎている場合は有償(8,000円)で本体交換になるという記事を見つけた(*1)。自分の iPhone 8 は購入2年以内になるかどうか、ギリギリの時期だ(*2)。もし有償で本体交換となると、バッテリー交換よりも高い代金を請求される可能性もある。さて、一体どうなることやら・・・


(*1) 翌日Appleサポートに問い合わせて、バッテリー膨張による修理、本体交換の件を聞いてみた。その結果、以下の事が判った。

  • バッテリー膨張の場合、バッテリー交換だけで済むかは本体を開けて検品してみないと判らない。膨張したバッテリーの圧力によって他の部品に影響が出ていて追加修理が発生する場合は、修理に入る前に見積りを送る。その見積りによって修理する・しないを決めてもらうことになる。
  • 確かに以前にはバッテリー膨張の場合は購入2年以内であれば無償での本体交換サービスを提供していた時期もあったが、現在は行っていない。以前はバッテリー膨張による故障という事例が割と多かったこともあり、このようなサービスを提供していた。しかしバッテリーの品質が上がり膨張という故障が減ったことから、現在は無償交換サービスは終了している。

 と言うことで、無償・有償の本体交換という事はないわけだが、膨張したバッテリーがどんな悪さをしているかによって予想外に修理代が高くなる可能性がある。仮に液晶パネルやバックパネル交換なんて事にでもなれば、修理代が2〜3万円以上になるという事も考えられる。そうなったら( iPhone XRあたりに)買い替える事も考えなければならないかも。

(*2) こちらも iPhone 8 に機種変更した時の書類を探し契約日を調べたところ、2年前の9月23日だった。つまりギリギリ2年以内だったわけだが、Appleの無償交換プログラムが終了している現在では意味がない。


< 過去の記事 [ 11月の 全てのカテゴリ リスト ] 新しい記事 >

2019 calendar
11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930


掲示板
最新:08/15 17:19


GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.