絖綛 N@i.jp  昨日:00027922
 今日:00000638
 総計:00490759
keywords
管理者専用
  Post   Add link   Control Panel 






























新しいトピック
最新:11/26 10:26


新しいコメント
最新:07/28 16:47






管理人へMAIL

プライバシーポリシー

Adobe Photoshop/Premiere Elements 2019をmacOS X Catalinaにインストールして使用する方法

Adobeの対応が酷すぎる


 MacBook Pro 2017(中古)が新品同様になったこともあり、メインマシンの移行も考慮して現在使用中のアプリ等を MacBook Proへインストールしています。その中で一つ困ったアプリが見つかりました。それがAdobeの Photoshop Elements 2019です。

 MacBook Pro 2017 では macOSを最新の10.15.3 Catalinaにしているのですが、これに今まで使用していた Photoshop Elements 2019 をインストールしたところ、写真の編集をするための Photoshop Elements Editor が起動しないという事象が発生しました。具体的にはインストール後にAdobe Photoshop Elements 2019を起動、「写真の編集」をクリックすると『Adobe Photoshop Elements Editorワークスペースを読み込み中...』とのメッセージ表示が延々と続くだけで、一向にPhotoshop Elements 2019 Editorが立ち上がって来ないという現象です。この時、背後ではPhotoshop Elements 2019 Editorが呼び出された直後に落ちてしまっています。実際 Photoshop Elements 2019 Editorを直接起動させてみれば、すぐに終了(落ちて)いると言うことが分かります。
 初回起動がこの有り様なので、シリアル番号を入力してアクティベートすることもできません。

 本事象についてAdobeのサポートに問い合わせてみた結果、

  • Photoshop Elements 2019はCatalinaでの動作をサポートしていないので、macOSをアップグレードせずMojave、またはそれ以前のままにするか、Photoshop Elements 2020へアップグレードすること
  • 旧バージョン製品のOSの仕様変更に対する追随や、優待アップグレードなどの対応は行っていない
  • 原因や回避策など技術的な事はテクニカルサポートの方へ問い合わせてほしい

との事で、実質ゼロ回答。購入後1年も経たず使用できなくなるのは製品として如何なものか?と思いますよね。電化製品等なら普通1年間は無償修理です。購入後1年以内のユーザに対しては無償のアップグレードパスなどを提供すべきですよね。
 これって、新居で使う事を見越して家電を買い替えておいた。古い家では問題なく使えていたが、半年後に新居へ引っ越したら何故か動かなくなったので、メーカーに問い合わせた。そのメーカーのサポートが言うには、新しい家の環境に問題があると考えられる、製品を使い続けたいなら引っ越すのを止めて古い家に戻るか、今年出たての新製品に買い替えろと言っているのに等しいです。こんなこと言われて怒らない人はいないでしょう。

 ネットで色々検索してみたのですが、不思議なことに日本語のホームページや質問サイト等で見つかったのは「古いAdobe製品は Catalina での動作をサポートしていないから、macOSのアップデートは慎重に」とか「Catalinaをサポートしている最新のAdobe製品にアップグレードしなさい」と言ったAdobeの主張を後押しする優等生的な内容ばかり。何かおかしい。
 Photoshop ElementsはAdobe製品群の中では安価、とは言え1万円以上する製品です。プロシューマ向け製品なら10万円を越える物もあります。それが1年経たず使用できなくなり、その対策品も提供されないというのに、嫌ならOSアップデートするな、最新版を買えと主張しているサイト・人の何と多いことか。

 日本語で原因・回避策を解説してくれているサイトが皆無だったため、英語のサイトやサポートフォーラムをあちこち廻ってみることにしました。この問題に気付いてから数日、やっと原因と回避策を見つける事ができました。
 原因は、やはりCatalinaで32ビットのサポートが打ち切られた事にありました。Photoshop Elements 2019 Editor自体は64ビットアプリ(*1)なのですが、この中に32ビットのコンポーネントが内包されており、これはアクティベート(シリアル番号によるライセンス認証)処理を行っている部分だとの事のようです。そのため、Mojave等の旧macOS Xでライセンス認証済みの状態からCatalinaにアップデートした場合には何事もなく起動できるが、Catalinaにインストールしてアクティベートしようとすると、その時点で落ちてしまうのです。
 これを回避するためには、Catalina上でシリアル番号を設定してPhotoshop Elemets 2019をアクティベートできれば良いことになります。この方法について具体的に解説してくれているフォーラムの記事が以下です。

A Letter to Our Photoshop Elements Users

 日本語で解説してくれているサイトが見当たらなかったので、以下にざっと方法を書いておきます。

  1. Photoshop Elements/Premiere 2019をCatalinaにインストールしておく。
    インストーラはこちらからダウンロードできます。
  2. インターネット接続できる状態にし、Webブラウザを使って以下をダウンロードする。
    http://download.macromedia.com/pub/developer/prtk/Adobe_Provisioning_Toolkit_10_0_ALL.dmg
  3. ダウンロードしたDMGファイルをダブルクリックしてマウントする。
  4. マウントしたProvisioningToolのAdobe Provisoning Toolkit Enterprise Editionフォルダを開き、adobe_prtkが表示された状態にする。
  5. ターミナルを起動する。
  6. ターミナルに"sudo "と入力し、その状態で先のadobe_prtkをターミナルウィンドウにドラッグドロップする。すると以下のような状態になるはず。
    % sudo /Volumes/ProvisioningTool/Adobe\ Provisioning\ Toolkit\ Enterprise\ Edition/adobe_prtk 
  7. まだEnterを叩いてはいけない。上記に続けて、以下を入力する。
    1. Photoshop Elementsの場合:
      --tool=Serialize --serial=1057485858554544585454545 --leid=V7{}PhotoshopElements-2019-Mac-GM --regsuppress=ss
    2. Premiere Elementsの場合:
      --tool=Serialize --serial=11432545254147858451125414 --leid=V7{}PremiereElements-2019-Mac-GM --regsuppress=ss
    "--serial="に指定するシリアル番号は自分が購入した製品のシリアル番号を、途中に"-"(ハイフン)を入れず連続した24桁の数値を入力する。入力し終わったらEnterを押下。
  8. sudoがマシン管理者のパスワードを訊いてくるので、パスワードを入力。
  9. すると以下のようになるはず。
    % sudo /Volumes/ProvisioningTool/Adobe\ Provisioning\ Toolkit\ Enterprise\ Edition/adobe_prtk --tool=Serialize --serial=1057485858554544585454545 --leid=V7{}PhotoshopElements-2019-Mac-GM --regsuppress=ss
    
    	Copyright 2018 Adobe Systems Incorporated
    	All rights reserved.
    Return Code = 0
    Return Codeが0になっていれば成功。
  10. Photoshop Elements/Premiere 2019アプリを起動して動作確認する。

 ターミナルを使ってコマンド入力する必要がありますが、コピペで何とかなるので、そんなに難しくはないでしょう。ウチの場合は、これでPhotoshop Elements 2019 Editorが起動するようになりました。


 これによりAdobe Photoshop/Premiere Elements 2019がCatalinaインストール後に起動しない現象の原因は、製品の基本機能とは関係ないライセンス認証処理がCatalina動作条件を満たしていない32ビットコンポーネントだったからと言えます。この程度のアップデートさえ提供しない、回避策の情報公開もしないというAdobeのサポート姿勢には疑問を抱かざるを得ません。
 Adobeの公式見解はPhotoshop Elements 2020 および Premiere Elements 2020 と macOS 10.15 Catalina の互換性


備考(*1):アプリが64ビットか32ビットかは、システム情報の「ソフトウェア」−「アプリケーション」で調べることができます。Adobe Photoshop Elements Editorは64ビットアプリと表示されます。


▼ この記事へのコメント ▼
HightSierra10.13でも同様ですか。7までは行くんですが、パスワードの要求はありません。教えて頂くと幸いです。
Last login: Wed Jul 27 00:54:57 on ttys000
sakokenichinoiMac:~ tinitaimac$ sudo/Volumes/ProvisioningTool/Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition/adobe_prtk --tool=Serialize --serial=00000000000000000―leid=V7{}PhotoshopElements-2019-Mac-GM --regsuppress=ss
-bash: sudo/Volumes/ProvisioningTool/Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition/adobe_prtk: No such file or directory
sakokenichinoiMac:~ tinitaimac$



 今はHightSierra環境が手元にないので憶測となりますが、HightSierraでは32bit動作がサポートされているので、Photoshop Elements 2019は問題なく動作できるのではないかと思います。
 また、sudoがパスワードを訊いてこないのは、sudoの後ろに半角スペースが入っていないからではないかと思います(分かりにくい記事でごめんなさい)。


< 過去の記事 [ 9月の 全てのカテゴリ リスト ] 新しい記事 >

2022 calendar
9月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930


掲示板
最新:08/15 17:19


GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.