絖綛 N@i.jp  昨日:00037753
 今日:00000107
 総計:01093676
keywords
管理者専用
  Post   Add link   Control Panel 































新しいトピック
最新:04/16 19:55


新しいコメント
最新:07/28 16:47






管理人へMAIL

プライバシーポリシー

二重のNAT

AirMac Extremeの設定で出た警告の1つなのだが


 ワイヤレスベースステーションを AirMac Extreme に変えてから、ときどきプリントサーバ機能がおかしくなるみたい。プリンタは、

こんな風に AirMac Extreme のUSBポートに繋いで共有しているのだけど、印刷中に停止してしまう現象が二度ほど発生した。その際、印刷しているMac側では「プリンタはウォーミングアップ中です」との状態が表示されるのだけど、プリンタは印刷データが送られて来るのを待っているような様子。プリンタの電源を入れ直しても、印刷しているMacのプリントキューを停止、再開しても、Macを再起動してもダメ。ところが AirMac Extreme を再起動させると復旧するので、原因は AirMac Extreme側にあるような感じだ。ヤレヤレ・・・


 最初に AirMac Extreme をセットアップした時に出た警告の1つに「二重のNAT」って物があった。警告メッセージの内容は以下。
二重のNAT
このベースステーションのEthernet WANポートにはプライベートIPアドレスが設定されています。このポートが、NAT(Network Address Translation)を使用してプライベートIPアドレスを割り当てる装置またはネットワークに接続されています。ベースステーションを、DHCPとNATを使用するモードからブリッジモードに変更してください。
 最初は確かに指摘されているとおり、有線LAN側は 192.168.1.XXX のプライベートIPアドレスを静的割り当てにしており AirMac Extreme のWANポートもこのIPアドレス。これがADSLモデムのNAT機能によってグローバルIPアドレスに変換されてインターネットに繋がるわけで、これが1段目のNAT。一方、無線LAN側は以前から 10.0.1.XXX のプライベートIPアドレスを、ベースステーションのDHCP、NAT機能によって動的に割り当てるようにしていて、これが2段目のNAT。何故こうしたかって言うと、無線LAN側からサーバ機(Mac mini)が丸見えになるのが少しは防げるんじゃないかと言う、セキュリティ上の配慮があったからなのだけど・・・こう警告されるって事は、二重のNAT(多段NATとも言われる)って悪いことなのかなぁ?確かに無線LAN側からインターネットに繋げるためには2回のIPアドレス変換を必要とするわけで、そのオーバヘッドのため性能が良くないという事は分かるのだけど。

 現在は言われたとおり AirMac Extreme をブリッジモードに変更、IPアドレスは全て 192.168.1.XXX系にして、無線LAN側へはADSLモデムのDHCP機能によってIPアドレスが動的に割り当てられるようにしてある。おかげで無線LANに接続している iBook G4 などからもサーバ機(Mac mini)が丸見え(LeopardではFinderのサイドバーに、何もしなくても出てくる)。今まではサーバのIPアドレスを直入力しなければ接続できなかったので、これはこれで便利ではあるが、やっぱり少し不安だなぁ。


< 過去の記事 [ 1月の 全てのカテゴリ リスト ] 新しい記事 >

2008 calendar
1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031


掲示板
最新:08/15 17:19


GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.